リンク


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてこそ

大事故

今日、仲良しバンドの『サムライボウル』が、


LIVE会場に向かう途中に大事故をおこした。




サムライボウルというバンドは5人組のロックバンドで、


結成時から俺はお手伝いをしている。


仕事として、友達として、先輩として。




今日は上野でLIVEがあったので、


彼らの所属する港区の事務所から上野へと向かった。




俺が運転する車にはメンバーのうち3人が乗り、


他2人のメンバーは機材が積んである車を運転。


計2台で出発した。




俺が先頭、後ろが機材車、仲良く並んで走っていた。


出発



下り坂のトンネルにさしかかり、


右の急カーブがあるんだが、


俺はしょっちゅう通ってるトンネルなので、減速し慎重に曲がった。




するといきなり、


ガラガラドッカーン!ガッシャーン!ボカーン!


と、飛行機でも墜落したかのような爆発音が。




ミラーで後ろを確認したら、


サムライボウルの機材車が派手に横転し、滑りまくっていた。




一瞬、空気が止まり、


『死』が頭をよぎった。





俺はすぐさま車を止め、


車から降りて、みんなで機材車まで救出しに走った。



3人のサムライボウルのメンバーは涙目で、


全速力で走っていった。




俺は119番に電話をした。


初めて119番を体験したが、


テンパってて自分でも何を喋ってるかわからない。




とにかく機材車の元へ走った。


機材車は派手に横転してた。


大事故


窓はバリバリに割れ、


ボディーもボコボコ。




機材車を運転していたイチローと直樹の2人は、


奇跡的に生きていた!


しかもカスリ傷程度だ。



俺は抱きついて喜んだ。




正直、あの爆発音と車の横転具合から、


『死』


と思ったからだ。



でも2人は生きていた。



他の車も巻き込むことなく、単独事故だ。





実は俺達が駆けつけたときには、すでにイチローと直樹は車から脱出していた。


心優しい男女のカップルがドアを開けて救出してくれたのだ。


ありがとう。




とにかく生きてて良かった。






しかし、事故って大変だ。


テンパってる中、


119番以外にも、保険会社、レッカー業者、レンタカー業者に連絡し、


LIVE会場に連絡し状況を説明、


サムライボウル事務所にも連絡、


警察、消防、救急車もきて、


トンネル内は通行止だから道は大渋滞、


大忙しの大迷惑だ。




奇跡的に助かったから言えるセリフだが、


事故は大変だ





しかし、あれだけの大事故を起こしたにも関わらず、


サムライボウルは無事にLIVE会場に到着し、


LIVEをやった。




事故のショックと生きていた嬉しさと、


何とも言えないテンションに見えたが、


いいLIVEだった。




LIVEが終わり、機材車を運転していたイチローに聞いた。



『横転したときどんな感じだった?』


イチロー『とにかく助手席(地面側)の直樹が心配で直樹を持ち上げてました』


と。



さらに、


『大丈夫?痛いとこない?』


イチロー『俺は大丈夫です。それよか直樹が心配です』


と。





ああ、なんかいい。


これがバンドだ。


イチローはマジ思いやりのある奴だ。





そんなこんなで慌ただしく、


疲れまくった1日が終わった。




深夜に解散し、俺は自分の車で帰った。


帰り道、事故を起こしたトンネルを通った。




いつもと変わらない普通のトンネル。


だが俺は、


ハンドルを握る手、アクセルを踏む足、


そして両目、脳味噌、


すべてが緊張し、いつも以上に慎重な運転をした。




今まで無事故な俺だが、


正直『過信』していた部分もあった。


今日は事故の怖さをリアルに思いしらされた。



あと、2人が命を落とさなかった理由、


それは『シートベルト』だ。


シートベルトが命を救った。




シートベルトは絶対に着けないといけないし、


自分の運転に過信せず、


常に『事故と隣り合わせ』と思い、


その緊張感を持って運転しないといけないな、


と強烈に思った。




とにかく生きていて良かった。


生きていれば何でもできるから。



イチロー&直樹


『生きてる』ってことは世界で一番素晴らしい。





でわまた明日。


コメント

2人共カスリ傷程度で、ライブにも間に合って本当に良かったですね☆
最後の写メは、まさにそんな 『不幸中の幸い』 を表した1枚のようで。

でもだからと言って、事故現場で写メ撮るのはいかがなものかと…(笑)

いくら自分が注意していても、事故に巻き込まれてしまうこともあるし
改めて言うまでもないけど、リーダーも本当に気をつけて下さいね☆

何はともあれ、大変で慌ただしかった1日本当にお疲れさまでした。

でわまた明日。(笑)

皆さんご無事で本当に良かったですね・・・!
私も気をつけなきゃと改めて思います。
LIVEもお疲れ様でした。
今後一層、安全&健康第一で頑張ってください☆

無事でなにより。
それにしても、事故のあとにライブを
やったのがスゴイです!!
首のムチ打ちとか後から症状がでるので、
今なんでもなくても病院で一度検査したほうがいいですね!

本当メンバー全員無事で良かったです。
車はお金でなんとかなるけど命だけはどうも出来ないですもんね。
イチローさん優しいわ。
大変な中でも人を心配して気遣えるなんて素敵だと思います。
一瞬にして生死を分ける事故はホント怖いです。

とにかく、無事で良かったです。

本当に、無事で良かった

胸がドキドキしながら読みました。

ナオキさんとイチローさんが無事で本当によかった。

きっとこれからこういうことに気をつきなさいというメッセージのような気がします。
これからもいいバンドでいて欲しいからみなさん、健康と事故には一番気を付けてください!!


なんと言って良いか…

言葉を失います。

ひとつ思ったのは、後ろの機材者が横転したのは、慣れない道だったとゆう以外にも、
後ろに機材を積んでいるから車の前と後ろでバランスが悪く、だからハンドルをもってかれたとゆうのもあるんじゃないでしょうか。
車にあまり乗らない&無免許人間の言葉なので想像でしかないですが…。(爆)
でも、だとするとMJ号も他人事ではないので充分いつも以上に気を引き締めてくださいね。
そしてもちろんいつもも気を引き締めて。(^-^)/

とにかく皆さん大きな怪我もせずに済んで不幸中の幸いでした。
良い厄落としをしたと思い、気持ちを新たにバンド活動頑張ってくださいっ!(^▽^ゞ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何はともあれ、本当に無事で良かったですねv-14

最近サムライボウルとAGE OF EP?の違いがわかりません。
犬がいるのはどっちで、大阪出身のバンドはどっちで、事務所が家みたいになってるのはどっちで、昔、ありがとうや、いらっしゃいの画像になってた坊主の人はどっちで、一体全体どっちがどうなんですか?

最後の記念写真、思わず『バカ!』と言ってしまいました。
それは『一歩間違えれば命を落としていたんだぞ!
二度とこんなこと起こさないで。もう~バカ!』
っていう気持ちです。

全く知らない人にでさえ、こんな気持ちになるのだから、
リーダーはもう本当に!本当に!絶対!!気をつけて下さい!!!

正直!!
不幸中の幸いでしたね☆
とても運が良いとしか☆
シートベルトが救いでしたかー!!
やはり必要不可欠な安全対策ですね。

ライブも予定どうり☆
心優しい男女にも助けられた事も☆
とにかく良かった☆
お仲間の方達もひと安心ですね。
しか~し事故に遭うと(多数の配慮がいる)ウーン。。。
でも単独事故で幸いです。
永田氏もどうか安全運転で☆

長い一日、お疲れ様でした。

命あってのこの世ですね。
自分も気を付けます。

笑顔で記念写真撮れてよかったね

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nagatamasaki.blog95.fc2.com/tb.php/661-8cc00b21

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。